女性

【顎のたるみ改善】美容整形で理想的なフェイスラインをゲット

  1. ホーム
  2. 施術方法を変えて試す

施術方法を変えて試す

医者

切開手術の効果と注意点

顎のたるみは美容整形外科で簡単に解消できますが、その方法は様々です。レーザー照射や脂肪溶解注射といった施術で効果が得られなかった場合は、より効果の高い施術を受けましょう。整形によって顎のたるみを解消する方法には、レーザーを身体の中から当てるという方法があります。レーザーは外側から照射することもできますが、針穴ほどの穴を開けて体内にファイバーを差し込み、皮下水分に直接アプローチする方法であればより高い効果が期待できます。皮膚に傷をつけることになりますが、小さい穴を空ける程度なので傷跡が残る心配はありません。また、多少腫れや内出血が起こる可能性はありますが、一週間程度で元に戻るでしょう。一回で施術が済むので、時間がない人や短期間で施術を終えたいという人には最適です。特に脂肪を燃焼させる効果があるので、脂肪が原因で顎がたるんでいる人はレーザー施術を受けましょう。他にも、脂肪を減らしたいのであれば、脂肪吸引もおすすめです。脂肪吸引というと痩身施術というイメージが強いものですが、身体だけでなく顔の脂肪を減らすこともできるので、アンチエイジングの施術に用いられることも珍しくありません。直接脂肪を減らせるので効果が高いことはいうまでもありませんが、脂肪吸引の良い点は、きれいに形に整えながら施術を行えるという点です。顔に小さい傷は残りますが、目立つようなものではないので安心して下さい。脂肪吸引を行うと二重あごが悪化することもありますが、同時にリフトアップなどの施術を行えば短期間にスッキリとした顎を手に入れることができます。リフトアップ施術にもメスを使う方法と使わない方法があるので、メスを使うことに抵抗があるという人は、切開せずに済む方法を試しましょう。メスを使わないリフトアップ方法では、糸を使って皮膚を引き上げることが可能です。脂肪が原因ではなく、加齢によって皮膚が垂れ下がりたるみが発生しているような場合にも効果的な施術なので、レーザー施術や脂肪吸引で効果が得られなければリフトアップを試してみましょう。皮膚の下に糸を通すことになりますが、切開する必要はありません。耳の上から糸を通して皮膚を引き上げるため、二重あごなどの顎のたるみだけでなく、フェイスラインそのものを整えたい人は同時に解消できます。切開してもいいという場合は耳から襟足までメスを入れて、皮膚を引き上げるリフトアップ方法を選択してもいいでしょう。ただし、大きく傷が残ったり、東洋人は西洋人よりも効果を得にくいという問題があったりするので、医師とよく話し合った上で決めましょう。脂肪吸引やメスを使わないリフトアップ施術は、20万円から40万円程度で受けることができます。切開を行うリフトアップ施術の場合は、安くても30万円、高ければ100万円することもあるので、費用対効果をよく見てから決断しましょう。顎のたるみは、人によって原因や効果的な方法は異なります。切開が必要だと考えていても注射一本で済むこともあるので、施術前のカウンセリングで医師としっかりと話し合った上で、自身にとって最適な方法を選びましょう。